シミトリーの美容効果は多くのユーザーが絶賛している中で、あまり効果を実感していない人もいます。

効果を実感できない原因のひとつとして考えられるのは「使い方」です。

シミトリーはただ塗るだけというシンプルな使い方でも効果はあります。でも使い方をちょっとアレンジするだけで、さらに美容効果をアップさせることもできるんです。

そこでシミトリーの「基本的な使い方」、さらに「効果を高める使い方」について紹介していきます。

シミトリーの基本的な使い方

シミトリー 使い方

まず、同梱のパンフレットでも紹介されているシミトリーの基本的な使い方をマスターしましょう。

【1】洗顔で汚れを落とす

シミトリーを使用する前に、顔についた汚れや皮脂を洗顔できれいに落とします。洗顔するときの湯温は、肌への負担が少ない32~36℃くらいのぬるま湯がベストです。

洗顔は石鹸で泡を作り、泡の弾力でやさしく洗います。ゴシゴシこすって肌に刺激を与えるのはNGです。

【2】シミトリーを手に取る

シミトリーを適量を手に取ります。1回の使用量の目安はさくらんぼ粒大が目安ですが、好みに合わせて使用量を調節してください。

シミトリーを手に取るときは、付属のスパチュラを使った方が衛生的です。

【3】顔の5箇所にジェルをのせる

顔全体にジェルが行き渡るように、おでこ、鼻先、左頬、右頬、あごの5箇所にシミトリーをのせます。

寒い時期などは、顔にのせる前にジェルを手のひらで温めると、柔らかくなって浸透力もアップします。

【4】顔全体にやさしく伸ばす

顔の中心から外側に向かって、やさしくジェルを伸ばしてあげます。このとき力を入れすぎると肌をいためてしまうので、両手の中指と薬指を使ってやさしく伸ばすことを心掛けてください。

【5】ハンドプレスで浸透させる

シミトリーが顔全体に行きわたったら、手のひらで顔を包み込むようにおさえて、で美容成分を肌にしっかり浸透させてあげます。

シミトリーで美容効果をアップさせる効果的な使い方

シミトリーの使い方はとてもシンプルですが、ちょっとしたアレンジでさらに美容効果をアップさせることができます。

先輩ユーザーの口コミから学んだ、私も実践している効果的な使い方を3つ紹介していきます。

【1】気になるところには重ね塗りが効果的

シミなどが気になる部分には、美容成分をより肌に浸透させるためにもう一度シミトリーを塗ってあげます。

重ね塗りは本当に効果がアップしますし、多くのユーザーが実践する使い方なので、ぜひ試してみてください。

【2】乾燥する季節は乳液やクリームを併用する

乾燥する時期など、シミトリーだけでは保湿が物足りないと感じたら、他のスキンケアを併用しましょう。私の場合、シミトリーを使用した後にお手頃価格の乳液やクリームを使用しています。

保湿が足りないとターンオーバーが乱れる原因になるし、シミが目立たなくなるのも時間が掛かってしまいます。他のスキンケアをうまく併用して、肌が乾燥しないようにしてください。

【3】朝と夜で使用量を変える

シミトリーのケアは朝晩の1日2回が基本です。夜はいいけど、朝のスキンケアはできるだけ短時間で済ませたいという人は多いと思います。

朝のスキンケア時はシミトリーの使用量を少なめにしてあげると、浸透時間が短縮できて、すぐにメイクを始めることができます。

朝に節約したシミトリーは、夜のスキンケアで贅沢に使います。シミなどが気になる部分に重ね塗りをしてもいいですね。

シミトリーの使い方でいちばん大事なのは?

シミトリーの基本的な使い方、効果的な使い方を紹介してきました。この使い方さえマスターすれば、シミトリーの美容効果を十分に実感できると思います。

でも、いちばん大事なのは「シミトリーを継続すること」だと思います。

どんなスキンケアでもそうですが、短期間の使用だったり、休み休みの使用では、なかなか美容効果を実感することはできないでしょう。

また肌の調子がある程度よくなっても、シミトリーの使用を止めてしまったら、徐々に元の肌状態に戻ってしまいます。

きれいな肌をキープするためには、毎日コツコツと継続することが何より大切ですからね。

シミトリーについてはお得な販売店情報をまとめていますので、下記の記事も合わせてご覧ください。

シミトリーの販売店情報はこちら