シミトリーの全成分表示をみれば、どんな美容効果が期待できるのか、肌に負担はあるのかなどはある程度分かります。

シミトリーの全成分から、商品の特徴を探ってみたいと思います。

シミトリーの全成分表示を確認してみましょう

シミトリー 全成分

シミトリーの全成分表示は商品に記載されています。商品以外でもシミトリー公式サイトで確認することができます。

シミトリーの全成分

有効成分:アルブチン

その他の成分:フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

ではシミトリーの全成分からどのようなことが分かるのか確認してみましょう。

「アルブチン」は厚生労働省が認めた美白成分

シミトリーの美白(※)有効成分は「アルブチン」で、その効果を厚生労働省に認められた成分です。

シミトリーの公式サイトでは「ハイドロキノン誘導体」と記載されていますが、美白成分のハイドロキノンとは別の成分になります。

アルブチンはハイドロキノンのような即効性はありませんが、肌に負担をかけないので安心して使用できる美白有効成分です。

※メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

話題の成分「フラバンジェノール」を配合

テレビショッピングで話題のエイジングケア成分「フラバンジェノール」が配合されているのもシミトリーの魅力のひとつです。

桁違いの保湿作用、抗酸化作用が研究に明らかになっているフラバンジェノールですが、高価な成分ということもあり、一般的なオールインワンには配合されていません。

でもフラバンジェノールはシミトリーの販売元の親会社が取り扱っている成分なので、フラバンジェノールを配合したオールインワンとしてシミトリーが発売されたんですね。

ちなみにフラバンジェノールは全成分で「フランスカイガンショウ樹皮エキス」と表記されています。

肌への刺激が少ない成分を使用

シミトリー 無添加

シミトリーの全成分をみると、肌に刺激を与えたり、負担をかけるような成分が配合されていないことが分かります。

シミトリーはもともと肌の弱い人でも使えるように開発された商品で、7つの無添加にこだわっているんですね。

まとめ

シミトリーの全成分表示から分かる主な特徴をまとめて紹介しましたが参考になりましたでしょうか。

高価な美容成分を使用したり、肌に負担をかける成分を使わなかったりと、成分にはかなりこだわっているようですね。

シミトリーの販売店情報はこちら